有限会社 フタバ種苗卸部 オンラインショップ(通販サイト)

趣味の園芸、家庭菜園、ガーデニングの種・苗を販売しています。ゴーヤー(苦瓜)などの沖縄野菜、マンゴーなどの熱帯果樹の苗もございます。

カートを見る
トップページ商品紹介お買い物ガイドお知らせ育て方ガイド・食べ方レシピ会社案内お問い合わせ会員登録
野菜・熱帯果樹の種・苗
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

 

新規会員登録
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの方はこちら

野菜・熱帯果樹の種 > 苦瓜(ゴーヤー) > 【うちな〜交配】 緑せんぼん【約10粒入】
商品詳細

【うちな〜交配】 緑せんぼん【約10粒入】



品種特性

果重50g〜100gになるミニゴーヤー。
ミニの中では肉厚で苦味少なく食味が良い。
緑は鮮緑色の果色。
食用として炒め物、天ぷら、漬物などに利用する。
手頃な大きさなので縦割りにし、詰め物をした料理にも向く。
白と緑の混植でグリーンカーテンを作るのも面白い。 

栽培ポイント

好高温植物のため播種から収穫まで温度(18℃〜30℃)を保つ事が重要。(発芽温度約30℃)
硬実種子のため、種子先端部を少し割り5時間ほど浸水処理をした後にポットへ3cmの深さに直播する。
後期のバテが早くなり収量に影響するため必ず本葉2〜3枚の若苗を定植するように努める。
元肥は10あたり N-24kg Pー32kg K-24kg とし、酸性土壌ではPH-5.5〜7の範囲に矯正する。
ネットを張りうね幅1.5mの1条植え、長期取りの場合は株間3mとし短期取りでは株間2mの間隔で定植する。
親ヅルが1m程に伸びたら摘心を行い子ヅル5〜6本仕立てとし、隣の株とツルの先端が触れるようになって
着果をスタートさせる。その後、葉が込み合ったところは、採光を良くするため適葉し、極端に土壌を乾燥させないようにする。
追肥は草勢を見ながら行うが、第1果肥大期より液肥500倍液を1〜2週間の間隔で施す。連作栽培はフザリウム菌による
ツル割れ病などの障害が発生しやすくなるが、接木苗を使用する事によって回避できる。 

 

商品番号 1443
商品名 【うちな〜交配】 緑せんぼん【約10粒入】
販売価格 540円
税別価格 500円
送料区分 送料別
配送タイプ 代金引換郵便
在庫数
ポイント 1%

数量:

5ml (約10粒入り)